2006年06月13日

黄金の仮装


道端のがれきの中から 黄金を拾い出すというよりも、

むしろがれきそのものが 黄金の仮装であったことを

見破る者は詩人である

高村 光太郎 (詩人)
posted by Lily at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Art/Beauty (芸術)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。