2006年06月14日

人間は、時として


人間は、時として、充たされるか充たされないか、

わからない欲望の為に、一生を捧げてしまう。

その愚をわらう者は、畢竟、人生に対する路傍の人に過ぎない。

芥川 龍之介 『芋粥』
posted by Lily at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Human (人間)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。