2006年06月16日

蒼き夏の夜や


蒼き夏の夜や、麦の香に酔ひ 野草をふみて小みちを行かば、

心はゆめみ、我足さわやかに わがあらはなる額、吹く風に浴(ゆあ)みすべし。

ランボオ『そゞろあるき』
posted by Lily at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Life (人生)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。