2006年06月16日

いつも歩く道を離れ


いつも歩く道を離れ、未踏の森に飛び込み、新しいものを探れ。

江崎 玲於奈 (ノーベル物理学者)

人の世の三智


人の世に三智がある。学んで得る智、人と交わって得る智、

みずからの体験によって得る智がそれである。

島崎 藤村 (小説家)

2006年06月15日

知と愛は


知と愛は同一の精神作用である。

それで、物を知るにはこれを愛さねばならず、

物を愛するにはこれを知らねばならぬ。

西田 幾多郎 『善の研究』

すぐれた科学者は


すぐれた科学者は一芸に秀でた人間というよりも、むしろ

あらゆる視野を兼ね備えた教養人です。この幅広く、多角的な視点を

持つということが、創造性の原動力になるのかもしれません。

江崎 玲於奈 『創造力の育て方・鍛え方』

2006年06月14日

距離のある学問


自分のやりたい学問と距離のある学問であればあるほど、

後になって創造的な仕事をする上で重要な意味をもってくる。

福井 謙一 『学問の創造』

学問を知っている人は


学問を知っている人は、学問を愛する人に及ばない。

学問を愛する人は、学問を楽しむ人に及ばない。

江崎 玲於奈 (ノーベル物理学者)

2006年06月13日

学び続ける人は


学び続ける人は、たとえその人が80才でも若いと言える。

逆に、学ぶことをやめた人は、20才でも年老いている。

人生で最も素晴らしいことは心をいつまでも若く保つということだ。

ヘンリー・フォード (フォード・モーター創業者)

生徒の才能を軽視するよりも

生徒の才能を軽視するよりも、むしろ過大視したほうがよい。

その方が生徒を謙虚にするからである。

ジンメル  (ドイツ哲学者)

大切なことは問題を見つける能力


大切なことは問題を見つける能力、それをあきらめずに解決する能力、

それ自体を楽しめる能力、そして、柔軟性。

利根川 進 (ノーベル医学生理学者)

「学ぶ」という行為の根底に


「学ぶ」という行為の根底には、

自分が大きく育って行く事を感ずる「喜び」がある。

小松 左京 (作家)

2006年05月16日

教養とは、自分とは別の価値観も

教養とは、自分とは別の価値観も許容することだ。

樋口 裕一 『頭がいい人、悪い人の話し方』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。